借金に関する不安や悩みはご相談ください


債務整理のプロフェッショナルにお任せ頂ければ、あなたの借金に関する負担を減らす事が可能です。相談は無料となっておりますので、まずは一人で悩まずに、一度ご連絡ください。



任意整理について




借金解決の方法の中で、最も多く行われているのが任意整理です。川崎をはじめとして、日本全国どこでもお悩みを承ります。
過払い金について




払いすぎていた利息を法律のプロが計算し、返還の交渉を代行いたします。過払い金について心当たりがある方は、ぜひ一度ご相談ください。
自己破産について




自己破産にも様々な方法と手続きがございます。最善の方法をご提案いたしますのでご相談ください。
個人再生について



体験談のご紹介です

投稿者:YI様・川崎・32歳・男性

私は現在、川崎の弁護士事務所へ依頼をした債務整理の真っ最中です。
債務整理にはいくつかのジャンルがあるのですが、私の場合は任意整理という方法です。私の場合は、任意整理をした時に過払い金は発生しませんでした。

過払い金というのは所謂グレーゾーン金利分を正規の金利で計算した場合に、本来払わずに済んでいた分を会社側から取り返せるというものですが、これはいつ頃契約してどれくらいの期間、本来払わずによかった金利を支払っていたかによって発生するかどうかが変わってきます。
私の場合は過払いをしていた期間はわずか半年でしたので、返済額を帳消しにして上回ってプラスになるまでには残念ながら至りませんでした。
ただし、半年分は余分に支払っていた分が明らかになりましたので、その分今後返済しなければならない金額も圧縮されましたので、やはり債務整理してよかったなと思っています。
最悪の状況の時は、借金の取り立てが自宅まで来たりしましたが、今は全くなくなり、安心して地元である川崎で幸せに暮らしています。

自分で独自に計算してみて自分が過払い金は発生しないだろうから債務整理はしなくてもよいという自己判断はもしかしたら私のように本来受けられるメリットをみすみす逃している可能性もありますので、まずは自分だけで考えているのではなく弁護士や行政書士の方に相談してみるのが解決の一番の近道かと思います。
それと今はグレーゾーン金利というのは既に撤廃されてありませんから、ある意味でむかしに借金をした人はまだ過払い金などが生まれる可能性があるため、ある意味で言えばラッキーかとも思います。

考えようによっては気づかないうちに貯金が出来ていたということになりますから、借金体質を改善して貯金が出来る習慣を持った生活に再出発できるよいキッカケに大いになりうるのではないかと思います。
経験者の身から言わせていただくと上記のような事情がありますので、今悩んでいる人はまずはなにを置いても相談してみることが一番かと思います。
私がお願いした川崎の事務所だけではなく、ほとんどの事務所では初回相談料は無料もしくは低額だと思いますので、万が一にも過払い金がある可能性もあるのですから、相談しない手はないのではと個人的には考えております。
インターネットなどで情報を検索すれば、全国どこにでも相談できる事務所は簡単に見つかると思います。私の住んでいる川崎のような都会ではなく地方にお住いの方で、事務所が見つからない場合でもエリアを問わず対応可能な弁護士や行政書士は珍しくありませんので、まずは相談することが大事だと思います。

私が10年ほど前に自己破産をしたときの体験談です

投稿者:RT様・川崎・41歳・男性
当時の私はアルバイトで低収入にも関わらず、ギャンブルばかりをしており、カードローンでキャッシングをしてはパチンコやスロットでお金を溶かしていました。
もちろんパチンコやスロットで常勝できるわけもなく、気がつけば借金が250万円ほどに膨れ上がっていました。

複数のカードローンから借りていたため利息や返済額はとんでもない額になってしまいました。
返済のためにと友人や親兄弟に借りたお金も返済しなくてはいけないと思いながらもギャンブルに使ってしまった。
典型的なギャンブル依存症の末期状態でした。
家賃や光熱費などを支払いしてカードローンの返済をすると手元に残るお金はほとんどない状態に陥って途方にくれました。
鳴り止まない催促の電話や次々と届く請求書、度々滞納したことによる大家からの連絡や訪問など、毎日が催促関係の連絡ばかり。
本当に辛い毎日でしたが、電車の中吊り広告で目にした川崎の法律事務所の自己破産の記事に目がいきました。

自分の中では自己破産という選択肢がなかったため、なんとか人生をやり直したい一心でその川崎にある法律事務所に連絡をしました。
法律事務所に連絡してまず言われたことが「催促の電話がきたら法律事務所に相談しましたと言ってください。」とのことでした。
そこでさっそくきた催促の電話に言われた通りに言うと、どこの法律事務所かを聞かれてその後パッタリと連絡がこなくなりました。

一通りのカードローン会社に相談したことを伝えた後は連絡は一切こない。それだけでも精神的負担は驚くほど軽くなったのを今でも覚えています。
それからは法律事務所に言われた書類を作成して、毎月の家計簿をつける、そして法律事務所に支払うお金を毎月分割で支払う。
そして免責が下りるそのときまで過ごせば良いだけでした。法律事務所に支払った金額は総額20万円ほどだったと思います。
免責が下りてからは借金0になった代わりにクレジットカード等が数年使えなくなる不便がありました。
しかし真面目にリセット後に普通の生活をおくればさほど問題は感じませんでした。
やったほうがいいとまではいいませんが、毎日毎日催促の電話におびえていて真面目に人生をやりなおしたい人は自己破産を含めた債務整理もひとつの手段だと私は思います。

Copyright © 債務整理川崎.jp All Rights Reserved.